トップページへ
園芸施設
事業の紹介-園芸施設
事業の紹介-園芸施設
事業の紹介-園芸施設
園芸施設共済は、農作物を栽培するためのプラスチックハウスやガラス室などの特定園芸施設のほか、温度調節施設などの附帯施設や施設の中で栽培される農作物も加入の対象になっており、特定園芸施設と組み合わせて加入することができます。
 ハウス共済は、ハウス内の作物の栽培期間に合わせて2カ月から12カ月の加入ができます。掛金は、施設の種類や大きさ、設置してからの経過年数などで異なりますが、半分は国が負担します。さらに、3年間継続加入し、無事故や被害が少なかった場合は、農家負担掛金の2分の1を限度に無事戻し金が支払われます。
詳しい内容はこちらをクリック!